住環境整備の流れ

スポンサードリンク

住環境整備の流れ

◆目的設定とその過程

 福祉用具の活用・・住宅改造でなくても福祉用具の利用で
             簡単且つ経済的に目的に達成できる
             場合もある

 本人と家族の理解・・利用者本人をその家族との意見の
              相違がある場合
              →第三者立場からの進言が必要
               →双方が納得の上、動機づけし着手

 キーパーソンの設定・・住環境整備の相談できるキーパー
               ソンを決定の必要性


◆住環境整備の流れ

①設計と施工者の決定
 ・設計事務所、工務店等の決定 
 ・工事内容の決定→治す所が必要な場所、方法等アドバイスを
              工務店等から聞き内容を決める
 ・見積書の提出、契約書等→小額工事の場合工事内容、金額
                   においてトラブルが起こる場合が
                   あるので必ずかわす


②介護保険対象範囲のチェック 

 ・現在居住している住宅においてのみ支払い給付対象になる

   再度支給の対象→以前改修した住宅から別の住宅に転居
               した場合
               住宅改修後に介護の必要性が著しく
               上がった場合 

 ・新築または、増築の場合は住宅改修と認知されないので
  支給対象とはならない。

③理由書の作成

 (記載内容)・・本人(被保険者)の心身状況、日常生活の動作
          住宅の状況
          福祉用具の導入状況
          住宅改修が必要な目的とそれを行なった時の効果
          住宅改修に必要な工事別とその工事を選択した
          理由

 (書類に作成者)・・介護支援専門員(ケアマネージャー)
             作業療法士
             福祉住環境コーディネーター2級
             これに準する資格等を有するもの


④申請書の提出
  ・申請書の提出→各市町村に提出
     ↓
    ア)改修をした工事種別、規模、材料の数量の記入
    イ)領収書は工事内訳書の添付→工事をした箇所、内容
                         及び、規模の記入
    ウ)被保険者本人が自から材料を購入したり、本人や家族が
      住宅の改修をした場合は材料の購入費のみが支給の
      対象となる


⑤改修前後の写真撮影

  住宅改修の工事の完成後は終了した確認ができる書類が
  必要になる。→改修前と改修後の双方の撮影日の日付が
            がわかるように撮影する。

福祉住環境コーディネーターの資格を取るならココで決まり!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 ⇒ 生涯学習のユーキャン「福祉住環境コーディネーター」

 
福祉住環境コーディネーターの基礎知識 TOPへ 福祉住環境整備の進め方 住環境整備の流れ