建築主要構造の理解、フォローアップ

スポンサードリンク

建築主要構造の理解、フォローアップ

◆建築主要構造の理解①工法

 在来工法・・(1)柱、梁、屋根から構成されている軸組工法
         (2)構造上→撤去しても問題ない壁、柱
                 撤去できない壁、柱

                   筋かい・・柱の間にはいっている
                   耐震用の壁
                      ↓
                   改修計画を行なう 
         (3)2階部分の改修がある場合は、壁、柱等の撤去
           移動は困難

 工業化住宅・・プレハブ住宅→柱、梁が軽量鉄骨
          「木質パネル」「軽量コンクリートパネル」
               →工場で壁、床の部分を平板パネルで作る
               →現場に運搬し組む立てる仕組み
         壁全体が建物の重量を支えているので、撤去、
         移動、また、浴室・トイレ等の水回りなど大規模な
         改修工事は困難


◆建築主要構造の理解②水回り

  日本の住宅形態・・・小さく部屋割り
              一部屋、一部屋が狭い
                    ↓
                トイレなどそれぞれが個別であり
                介護者スペースの確保が困難

      水回りには大規模な改修が必要である


◆フォローアップの必要性

①空調機器関連

 頻繁に維持管理(メンテナンス)を必要とする機器
            →給湯器(水回り関連)
             
        保守の容易さの検討

       *維持管理・・・・建築基準法で敷地や建物、設備などを
                  常に法律に適合した状態に保つことが
                  義務づけられている

②機器の維持管理について

 機器の購入→メーカーとの保守契約の必要性がある場合がある
    
   イニシャルコスト・・・機器を設置するために必要な工事費
    (初期費用)

   ランニングコスト ・・運用・維持管理費・電気代等、建築物や
    (経常費用)    設備にかかる維持管理費などの経費


③手直し工事

  (ア)一般住宅工事の違い、建築中また完成後も修正工事を
     行なう場合がある      
                ↓
        工事が始まってからの手直しの工事は工期延長や
        余分な費用がかかるのでできるだけ工事しない

  (イ)双方のトラブルを避ける
               ↓
       ・手直しの工事の可能性がある場合はあらかじめ
        設計者・施工者の了解をとっておく
       ・細かい修正、調整工事を工事関係者と契約する
       ・追加工事費の負担者の再度確認


④使い勝手の確認

  工事終了時→・対象者本人が実際に生活動作を行い、
            使い勝手の確認をする
               ↓不具い
              手直し工事

           ・対象者本人が住んでみて身体状況の変化
            図面とは違う仕上がりが確認された場合
            フォローアップの必要性がおきる


⑤使い勝手の変化に対応

   高齢者、障害者、進行性疾患の障害者
           ↓
   身体機能の変化により使い勝手の変化あり
           ↓
   医師、理学療法士、作業療法士等との相談の上
   中、長期にわたっての住環境整備の必要性にあたる

福祉住環境コーディネーターの資格を取るならココで決まり!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 ⇒ 生涯学習のユーキャン「福祉住環境コーディネーター」

 
福祉住環境コーディネーターの基礎知識 TOPへ 福祉住環境整備の進め方 建築主要構造の理解、フォローアップ