廊下、階段、トイレ

スポンサードリンク

廊下、階段、トイレ

◆廊下

  ①有効幅員・・3尺モジュール(910mm)
             →105mm角柱使用すると最大780mm
           介助用車イス
             →有効開口寸法750mm以上
           自走式用車いす
             →有効開口寸法950mm以上 

  ②仕上げ・・・ァ)屋内外に使用するため気をつけていても
            埃、砂利などを室内に持ち込む場合がある
             →傷がつきにくいような仕上げ、塗装をする

          ィ)車輪のゴムの跡がつきにくいような色、模様使用

  ③手すり・・床から750mm~800mm(取り付け位置)

  ④照明・・高齢者は明るさに対する順応性が低い
           →適当な明るさが必要
           →段階スイッチ付き照明器具の利用
               (全点灯、中点灯、消灯)
           →位置確認の足もと灯の設置                            


◆階段

 ①配置・・・寝室とトイレの間に階段の設置はしない
         →誤って転倒する場合がある
 ②てすり・・ァ)下りるときに利き手になるように設置
           →両側に設置するのが望ましい
           →太さは直径32~36mm
        ィ)手すり端部は壁側または下方へ折り曲げる
           →衣類の袖口のひっかけたりする
        ゥ)手すりの端部の空き距離は400mm以内
           →手放し状態で歩行すると危険
 ③ノンスリップ・・段鼻部分にノンスリップを設置する
           →転倒防止のため

◆トイレ

  ①設置・・寝室との距離はできるだけ短く、寝室に隣接が
        好ましい
          →高齢者になるとトイレの使用回数が増えるため

  ②スペース・・ァ)排泄動作が自立の場合
             →間口910mm×奥行き1365mm
             →1515mmなら立ち座り動作に余裕
          ィ)要介護が必要な場合
             →便器側方、全方500mm以上の介護スペ
               ース
             →利用者と介護者と打ち合わせて便器位置 
               を設定する
          ゥ)トイレ・洗面・脱衣室の共有化
             →介護スペースの節約・建具の削減 

  ③手すり・・用途別に設置
          ァ)立ち座り用の縦手すり
             →便器の先端より150~300mm前方
             →身体機能の低下により便器から遠い位置
               低い位置が使いやすくなる
          ィ)横手すり
             →便器中心から左右に350mm振り分けた
               位置
             →壁芯ー芯間口910mm
             →高さ車イスのアームレストと同じ高さ
             →便器の座面から220~250mm上方

  ④下地補強・・・下地合板、木桟にも止めをつける

  ⑤建具・・・引き戸、外開きにする

  ⑥設置に関して・・・ァ)寝室の配慮(トイレが隣接する場合)
                →消音型便器の使用
                →換気機能、消臭機能設置
              ィ)暖房設備
                →暖房便座、室暖房機器の併用
                →壁埋め込み式を基本として設置

福祉住環境コーディネーターの資格を取るならココで決まり!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 ⇒ 生涯学習のユーキャン「福祉住環境コーディネーター」

 
福祉住環境コーディネーターの基礎知識 TOPへ 部屋別・場所別・福祉環境の仕方 廊下、階段、トイレ