アプローチ・外溝計画、玄関

スポンサードリンク

アプローチ・外溝計画、玄関

◆アプローチ・外溝計画

①仕上げ・・ア)飛び石状の敷石は避ける
       イ)アプローチは凹凸がない平たんである
       ウ)コンクリートの平板を敷く→目地幅をできるだけ
                          小さく
       エ)石張りの場合→ジェットバーナー仕上げで滑りにくく


②階段・スロープによる段差の解消

 ア)階段の勾配は緩やかにする
    階段の寸法→踏面・・300~330mm
             蹴上・・110~160mm

 イ)スロープの設置の勾配
    標準的→1/12,1/15(アプローチ中心で考慮)


③手すり・・階段、スロープには手すりを設置(段数が少なくても)
  ア)手すりの高さ→750~800mm(階段部分は段鼻から
                        スロープは斜面床から)
  イ)下りの時の利き手側に設置(できれば両側に)
  ウ)直径→32~36mm


④色彩、照明
 ア)夜間でも段差を認識、確認できるように配置
 イ)アプローチから玄関までの距離が長い場合→屋外灯の設置
 ウ)階段の足元→補助照明
 エ)動線部分は均一の明るさにする

◆玄関

①玄関スペース

   ア)歩行における出入りの場合
     手すりの設置の場合の玄関間口→芯ー芯・・1,365mm
     介助スペースが必要→芯ー芯・・1,800mm以上
        (ベンチ、式台、介助スペース)

   イ)車椅子を使用する場合
      土間の奥行き→1,200mm以上
      JISの自動用車椅子の全長が1,200mm以下ではあるが
      車椅子の全長が1,100mm程度→+100mm余裕が
      必要


②歩行器、車椅子でも床面の段差を最小限の段差にする。

   上がまちの段差→180mm以下
               (対象者の身体機能に合わせて
                調節する)


③式台・ベンチの工夫・・・上がりまちの段差を小さくできない場合
                →式台の利用
                (幅500mm以上奥行き500以上)

             ・・・座った姿勢で靴の着脱ができるように
               ベンチの使用


④手すり・・かまち際の壁面の縦手すりの設置
        →下端は土間から750mm~800mm程度の高さ
         上端はホール床面に立った対象者の肩の高さの   
          上方の100mm程度
  仕上げ・・上がりまちと床の色は変えるのがよい  
          (高齢者にとっては水晶体の黄濁化によって
           視力の低下で区別しににくなっている)

福祉住環境コーディネーターの資格を取るならココで決まり!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 ⇒ 生涯学習のユーキャン「福祉住環境コーディネーター」

 
福祉住環境コーディネーターの基礎知識 TOPへ 部屋別・場所別・福祉環境の仕方 アプローチ・外溝計画、玄関