ケアマネジャー資格(介護支援専門員)

スポンサードリンク

ケアマネジャー資格(介護支援専門員)

ケアマネジャー資格とは、2000年4月から施行された「介護保険法」に定められた公的な資格のことを言います。
一般的にはケアマネージャーと呼ばれていますが、「介護支援専門員」が正式名称となります。
まだまだ新しい資格ですが、医療・福祉の現場においてケアマネージャーの資格は高く評価されています。

ケアマネジャーの資格を取るためには、まず「介護支援専門員(ケアマネジャー)実務研修受講試験」に合格することで、ケアマネジャーになるための「実務研修」を受ける資格を持つことができます。
合格者は、後日行われる「介護支援専門員実務研修」を終了することで、ケアマネージャーとしての資格を取得できます。

その他、看護士や栄養士など、20種以上の有資格者のうち、その資格に基づく業務に5年以上従事している人も受験資格がありますので、福祉や医療関係に従事している人のかなりの方が、ケアマネージャー資格の受験資格を持つことになります。

ケアマネジャーの仕事は、介護保険の利用者やその家族との相談、また、介護保険利用者の希望やの心身の状態等を十分に考慮し、介護利用者に最適な介護プランを作成したりします。
作成後は市町村、 在宅サービス事業者、介護保険施設等との連絡調整を行い、介護保険利用者のフォローを行います。
ケアマネージャーとして働くには、介護・福祉に共通する言葉、「思いやり」が非常に大切です。

ケアマネージャーは介護利用者本人、そして介護利用者の家族とも向き合わなければいけません。
家族の生活やプライバシーにも関わりますので、人と人とを結ぶ大きな信頼関係が築けることが求められます。

ケアマネジャーの活躍の場としては、保健福祉センター、 保健センター、介護保険施設、介護老人福祉施設、介護療養型医療施設、介護老人保健施設、社会福祉協議会、訪問看護ステーション、診療所、福祉用具販売・レンタル会社、移送サービス会社、在宅介護支援センター、一般病棟、ホームヘルパー派遣会社、配食センターなど、多岐にわたります。


ケアマネージャーの資格を取るなら・・・

 ⇒ 生涯学習のユーキャン「ケアマネジャー」

福祉住環境コーディネーターの資格を取るならココで決まり!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 ⇒ 生涯学習のユーキャン「福祉住環境コーディネーター」

 
福祉住環境コーディネーターの基礎知識 TOPへ 介護関連資格 ケアマネジャー資格(介護支援専門員)