ホームヘルパー資格(訪問介護員)

スポンサードリンク

ホームヘルパー資格(訪問介護員)

ホームヘルパー資格とは、日常生活に支障のある高齢者などの家庭を訪れ、掃除、洗濯、買い物など日常生活の家事や、入浴、食事、トイレの世話などの身体介護などを行います。また、生活の相談など、利用者の生活をサポートするお仕事です。
そのなかで30分未満のサービスを巡回サービスといいます。
ホームヘルパーは、「訪問介護員」という呼称で呼ばれることもあります。

ホームヘルパーをよく「お手伝いさん」と勘違いする人もいるようですが、ホームヘルパーとは大きな差があります。
ホームヘルパーは、単なるお手伝いをするのではなく、あくまでも要介護者の「その人らしさ」を再現するのを手伝うことが大きな役割なのです。
すなわち、「自立の手助けをする」ということがホームヘルパーの一番の重要な仕事になってきます。

ホームヘルパーの主な勤務先を挙げますと、要介護者の家庭や特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、経費老人ホーム、デイサービスセンター、有料老人ホーム、グループホームなどがあります。

ホームヘルパーになるには、県または県が指定した事業者が行われる訪問介護員養成研修を決められた時間、受講する必要があります。受講終了後には、県または事業者から修了証明書がもらえます。
3級でもホームヘルパーとして働けますが、介護の現場が希望している人は2級以上が多いですので、3級はあくまでも次に進むためのものになってきているようです。
求人でも2級以上が主であり、生活支援・身体介護・相談助言を行います。

ホームヘルパー1級は、2級ヘルパーの実務経験1年以上が受験資格になっており、ヘルパー業務のより深い知識や技術に加え、ヘルパーをとりまとめ、チームケアの担い手となるサービス提供責任者や主任ヘルパーとして活躍します。
准看護師や介護福祉士の資格を持っている者も、ホームヘルパー1級資格取得者と同じスキルがあるとしてホームヘルパー業務を行うことができます。

ホームヘルパーの将来性として、現代は核家族化が進み、高齢化もともなってお年寄りの一人暮らしや夫婦だけの生活がますます増えてきます。
介護保険制度が導入され、在宅福祉サービスの必要性もかなり重要視されてきています。
したがって、その中核を担うホームヘルパーの役割は今後大変重要なものになると言われています。


ホームヘルパーの資格を取るなら・・・

 ⇒ ホームヘルパーになりたいっ!★ヒューマンアカデミー★

福祉住環境コーディネーターの資格を取るならココで決まり!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 ⇒ 生涯学習のユーキャン「福祉住環境コーディネーター」

 
福祉住環境コーディネーターの基礎知識 TOPへ 介護関連資格 ホームヘルパー資格(訪問介護員)