住宅造り、住宅設備に関する基本的な理解

スポンサードリンク

住宅造り、住宅設備に関する基本的な理解

◆住宅造りに関する基本的な理解①

①木構造
 軸組み工法(軸組み構造)・・「土台」となる材を基礎上に置き
                   柱を立て、「梁」で横架材で柱の
                   上部を繋ぎ、その上に屋根を載せて
                   造る構成工法。 

   ・屋根や上階からの垂直荷重を柱に分散→基礎伝達
   ・「筋かい」をいれる→斜め材を入れることで水平荷重が起きる
                地震や強風等に耐えられる耐震構造に
                なる
   ・ボルト・ナット・緊結金物で固定→耐震強度は接合部分で決定
   ・住環境工事での改善で増築工事がしやすい工法
   ・改善前には筋かいが入ってるので注意する
   ・柱本体は垂直荷重がかかっているので取り外し、移動は不可


◆住宅造りに関する基本的な理解②

②ーア 鉄筋コンクリート造
  軸組み構造・・圧縮力に強いコンクリートと耐火性は劣るが
  (RC造)    引張力に強い鉄の双方の性質を取り入れた工法

   ・木枠で基礎、柱、屋根等を型を造り、コンクリートを鉄すじを
    を入れて中に流し込む
   ・構造的に水平荷重の為の強固な壁が必要→「耐震壁」
   ・火災、耐震性があるので2階建て程度~7,8階建ての
    幅広く適応
   ・大掛かりな増改築は困難→耐震壁、柱は移動、撤去は困難


②ーイ 鉄筋コンクリート造
  壁構造・・・壁によって建物の水平荷重、垂直荷重を支える工法
     ・柱は基本的にはない→比較的に自由に間取りが構成
                   →柱のでっぱりがなく有効に部屋を
                    使用できる
     ・3階~4階で可能な建物
     ・壁を取り除くのは困難→住宅の増改築は困難


◆住宅造りに関する基本的な理解③

③鉄骨造・・・梁、柱等を鉄材(鋼)で造る工法

    ・鉄材は軸方向の圧縮、引っ張り等に強い
    ・C型、H型の断面をしていて横からの曲がりに耐えられる
    ・壁材は軽量コンクリートブロックの使用が多い
    ・柱の移動は基本的に不可
    ・鉄筋コンクリート造と比較して軽量である為、中・高層の
     建築物に多く用いる

◆住宅設備の基本的な理解①

①給排水

 ・通常トイレ・脱衣室・浴室・台所等の水回りは1か所にまとめる
 ・給水・給湯・排水・ガス管・換気のための誘導路(ダクト)の配置し
  配管等を集中させることがコスト削減となる
 ・給湯能力において浴槽の給湯や追い炊き機能、厳寒期の対応
  からすると単身者世帯→20号、2人以上の世帯→24号必要


◆住宅設備の基本的な理解②

②便器

 ・腰掛けて使用する洋式便器が住宅では主流である
 ・タンクが内臓タイプのものを使用→手を滑らしたり、タンクが
                       ずれる危険性がある
 ・手洗い器を別に設置する→高齢者姿勢の面から使いにくい
 ・温水洗浄便座→温水ヒーターを内臓した大型タンクのついた便器
                 ↓
              車椅子からに移乗の妨げ


◆住宅設備の基本的な理解③

③浴槽

   (和式浴槽)深さ・・600mm程度→高齢者、障害者には
                         浴槽が深すぎて出入りが
                         不便
   (洋式浴槽)深さ・・450mm程度→背もたれの傾きが大きく
                         立ち上がるときや浴槽に
                         入っている時に体が浮いて
                         しまい、バランスを崩す
   (和洋折衷浴槽)・・500~550mm


◆住宅設備の基本的な理解④

④給水栓

   ・レバー部分が長い方が使い易く操作性に優れている
   ・洗面台等は操作がやりにくい場合もあるので、機能に
    合わせて大型の洗面台を設置する場合もある

福祉住環境コーディネーターの資格を取るならココで決まり!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 ⇒ 生涯学習のユーキャン「福祉住環境コーディネーター」

 
福祉住環境コーディネーターの基礎知識 TOPへ 福祉住環境整備の基礎知識 住宅造り、住宅設備に関する基本的な理解