介護保険制度概要とサービス

スポンサードリンク

介護保険制度概要とサービス

①介護保険制度概要とサービス(運営主体)

     市町村が運営 → 要介護認定
                 保険給付の設計、費用の支払い
     国→介護サービス確保
     都道府県→運営指導


②介護保険制度概要とサービス(被保険者と保険料)

 第1号保険者・・65歳以上
           要介護者(寝たきり、痴呆)要支援者(虚弱)
           保険料徴収→市町村
           賦課・徴収方法→所得段階別定額保険料
 第2号保険者・・40歳以上65歳未満
           要介護者、要支援者(老化による疾患)
           保険料徴収→医療保険者が保険料として
                   徴収して年度ごとに一括徴収
           賦課・徴収方法→健保(標準金額×介護保険料
           率)
                     →国保(所得割、均等割)


③介護保険制度概要とサービス

  介護サービスの流れ(利用方法) 

   要介護認知の申請(市町村に)
            ↓
   介護認定審査会による審査・判定(訪問調査、医師の意見)
            ↓
   介護認定審査会での認定の結果の通知(30日以内)
          要支援、要介護度(1~5)サービス量の決定
            ↓
   介護支援専門員による介護サービス計画の作成(ケアプラン)
            ↓
      サービスの提供(費用の1割負担)

④介護サービスの種類

在宅サービス   ・訪問介護(ホームヘルプ) ・訪問入浴
  (要支援者   ・訪問リハビリテーション  ・訪問看護
   要介護者)  ・通所リハビリテーション  ・居宅療養管理指導
            ・通所介護
            ・短期入所生活介護(ショートステイ)
           ・短期入所療養介護(ショートステイ)             
            ・有料老人ホーム等における介護
            ・福祉用具の貸与、購入費の支給
            ・住宅改修費の支給(手すりなどの設置)
            ・痴呆対応型共同生活介護(グループホーム)
                      要介護者のみ

 施設サービス   ・介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム) 
  (要介護者)   ・介護老人保健施設
            ・介護療養型医療施設


⑤老人福祉法における在宅福祉サービス

 ア)老人居宅介護等事業・・訪問介護員(ホームヘルプサービス)
                    身体介護、家事援助
 イ)老人デイサービス事業・・通所介護
                    入浴、食事、機能訓練など
 ウ)老人短期入所事業・・ショートステイ
                   特養、老健の施設に数週間のみ
                   入所して介護を受ける
 エ)痴呆対応型老人共同生活援助事業
 オ)老人日常生活用具給付等事業・・一人暮らし、寝たきりの高齢者


⑥その他の介護サービス

  ア)老人保健法の老人保健事業・・保険事業(40才以上)
                       老人医療(70才以上)
  イ)介護予防・生活支援事業・・生活支援事業(配食サービス等)
                     介護予防等
  ウ)区市町村の老人保健福祉計画
  エ)障害者施策によるサービス・・ホームヘルプサービス等
  オ)在宅支援の相談機関・・在宅総合相談センター
                    (シルバー110番)

福祉住環境コーディネーターの資格を取るならココで決まり!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 ⇒ 生涯学習のユーキャン「福祉住環境コーディネーター」

 
福祉住環境コーディネーターの基礎知識 TOPへ 高齢者に対する諸関連施策とサービス 介護保険制度概要とサービス