特定疾病3

スポンサードリンク

特定疾病3

・特定疾病(15-10)脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは・・脊柱管がなんらかの原因で狭くまったため
             脊髄神経が圧迫されてさまざまな症状を 
              起こす、疾患の総称
                   ↓(腰部に発生すると)
             間欠性跛行などの症状がでる
                 
             一定の距離を歩くと足に異常を感じ
             力が入らなく感じ、休憩すると再び歩けるように
             なる歩行障害
         (治療法)・・保存的療法→安静療法、温熱療法など
                手術療法→保存的療法で効果がない時


・特定疾病(15-11)後縦靭帯骨化症

後縦靭帯骨化症とは・・脊椎と脊椎をつなぐ靭帯。それが骨化する
              ことで脊髄を圧迫。
                    ↓
 発症           運動障害(筋肉低下、手足の筋肉の低下)
  50才男性が多い  感覚障害
                    ↓重度になると
              歩行困難、排泄障害、ADL障害
              起上り動作の障害

          (治療法)
              保存的療法→安静療法、脊椎の索引療法
              手術療法→脊椎の圧迫の除去


・特定疾病(15-12)シャイ・ドレーガー症候群

シャイ・ドレーガー症候群とは・・①30~60才の成人に発症する
                     時が多い。
                   ②起立性低血圧の為に起こる、
                     自律神経障害。
                        ↓進行
                   小脳症状、パーキンソン症状

・特定疾病(15-13)早老症

早老症とは・・・

早期に老人性顔貌、白髪、糖尿病、白内障、動脈硬化、皮膚などの萎縮などの症状が若年者に現れることをいいます。


・特定疾病(15-14)変形性関節症

変形性関節症とは・・関節組織が加齢に伴い退行、増殖の変化が
           同時にみられる 慢性的進行疾患の事
症状①変形性膝関節症
               ・肥満気味の50才以上の女性に多い
               ・膝関節の疼痛、屈曲拘縮などの症状
                        ↓進行
                歩行障害、正座ができなくなる
           ②変性性股関節症
               ・股関節痛、周囲筋肉の筋肉低下
                        ↓進行
                歩行障害、ADL上の障害

変形性関節症(治療法)①薬物療法・・鎮痛し炎症を和らげる
               ②温熱療法・・関節を温めて、痛み軽減
               ③水中運動・・浮力利用で運動する
               ④筋肉強化訓練
               ⑤整形手術(高位脛骨骨切り術人口関節置換術)


・特定疾病(15-15)慢性閉塞性肺疾患

慢性閉塞性肺疾患とは・・閉塞する疾患(肺に入る空気の気道が
                         狭くなる)
                         ↓
                    呼吸困難、咳、痰の症状

              症状①肺気腫・・喫煙者に多い
                 ②慢性気管支炎 
                 ③気管支喘息
                 ④びまん性汎細気管支炎

福祉住環境コーディネーターの資格を取るならココで決まり!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 ⇒ 生涯学習のユーキャン「福祉住環境コーディネーター」

 
福祉住環境コーディネーターの基礎知識 TOPへ 高齢者の心身の機能と特性 特定疾病3