特定疾病2

スポンサードリンク

特定疾病2

・特定疾病(15-6)痴呆

痴呆・・・記憶障害を中心に一度発達した知能が後天的に持続性
     に低下し、日常生活に支障をきたすような状態のこと。

                  ↓段階的に進行

         第一期・・自発性、意欲や社会の関心の低下
         第二期・・発病前内向的→抑うつ的
               発病前他人を批判する→妄想的
               発病前身体状態に関心→心気的
         第三期・・見当識障害、判断力の低下、作話
         第四期・・四肢の硬直、失禁、弄便、昏迷、昏睡状態
      住環境整備・・日常生活を安全に過ごせる環境

痴呆の代表的疾患
  ①アルツハイマー病・・脳全体の萎縮→進行性疾患
               (症状)見当識障害、弄便、妄想など
                (治療)治療よりも保護中
  ②ピック病・・・前頭葉、側頭葉の萎縮による人格、異常行動
           の変化がみられる。
                (症状)初期の記憶障害はみられないことが多い。
                     しかし、無意味な行動、言動の繰り返しが起こる
  ③脳血管性痴呆・・もの忘れが多い。記憶障害がみられても
              判断力の異常はなく、人格の変化は軽いもの           


・特定疾病(15-7)糖尿病

糖尿病とは・・インスリンの分泌が不足、またはインスリンが十分に
         作用されないために高血糖となる。
 
                ↓進行すると
 
           三大合併症 ①糖尿病網膜症
                  ②糖尿病性腎症
                  ③糖尿病性疾患神経障害 
        *血糖値・・通常110㎎/㎗未満(空腹時の正常範囲)
               126㎎/㎗以上は糖尿病

糖尿病の治療法 
      ①薬物療法・・インスリン注射、経口血糖降下剤
                  *低血糖の場合も薬物療法の使用
      ②食事療法・・医師・栄養士の指導、或いは食事交換表
               の利用によるバンランスのある食事の摂取。
      ③運動療法・・毎日240kcalの運動(目安)

・特定疾病(15-8)脊髄小脳変性症

脊髄小脳変性症とは・・・

脊髄や小脳の運動に関する神経の萎縮により、スムーズな運動や協調性のある運動が少しずつできなくなっていく、進行性疾患。
                      ↓
               歩行のふらつき、歩行困難(二足歩行)
                      ↓
               車いすの使用、寝たきり状態になる場合も
                    
           (治療法) ・・薬物療法、運動療法によるものが
                   あるが進行を止める決定的な治療法
                   はない。
           (リハビリテーション)バランス訓練
                        歩行訓練


・特定疾病(15-9)筋萎縮性側索硬化症

筋萎縮性側索硬化症(ALS)とは
     ・進行性の早い神経難病で運動神経の障害によって筋力の
      萎縮が起こり、随意運動ができなくなる
     ・40~50代に発病し、男性にやや多い

   (治療)・病状に合わせたADLの援助
        ・QOLの向上のリハビリテーション治療
              ↓(進行を阻止する根本的治療法はない)
        最後は寝たきりとなり、人工呼吸器が必要となる。

福祉住環境コーディネーターの資格を取るならココで決まり!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 ⇒ 生涯学習のユーキャン「福祉住環境コーディネーター」

 
福祉住環境コーディネーターの基礎知識 TOPへ 高齢者の心身の機能と特性 特定疾病2