特定疾病1

スポンサードリンク

特定疾病1

・特定疾病(15-1)脳血管障害

      脳梗塞(虚血群)・・・脳血栓症⇒前駆症状で
脳                         一過性脳虚血発作が
血                         を認める場合が多い
管                ・・・脳塞栓症⇒心臓疾患があると
障                         起きやすい
害     頭蓋内出血(出血群)・・脳出血⇒一般的に頭痛、嘔吐、
                     悪心で始まり、意識状態を起こす                          
                     クモ膜下出血⇒動脈瘤の
                               破裂による                    


・特定疾病(15-2)パーキンソン病

パーキンソン病・・・中脳の黒質で作られる神経伝達物質の一つ
            ドパーミンの分泌量の減少によるもの
                  ↓
             進行性神経難病
              (40~50代以降に発病することが多い)

     症状・・①四大症状「振戦」「固縮」「無動」「姿勢反射障害」
          ②日内変動、言語障害

     治療法・リハビリテーション→ドパーミン投与
                        リハビリテーション治療

     住環境整備→転倒性の危険性への配慮
                    ↓
                室内の手すりの設置
                室内段差の解消
                同一階での生活の確保         


・特性疾病(15-3)慢性関節リウマチ

慢性関節リウマチ・・・①関節の炎症によるもの
             ②免疫グロブリンGの抗体に対して特異的に
              反応するリウマイド因子抗体の関与

         発生・・30~50才で約80%が女性である

         症状・・両手指の関節のこわばり、膨張、むくみ
              痛み→慢性に進行 
                   ↓
              関節破壊が進み、変形や拘縮になり
              ADLに支障をきたすようになる

         治療方法・・ステロイド剤、整形外科的治療
                リハビリテーション治療

         住環境整備・・室内段差の解消、
                  手すりの位置、太さの検討

・特定疾病(15-4)骨折を伴う骨粗鬆症

骨粗鬆症・・・骨量の減少の為、骨がもろくなり、骨折しやくなる

      (症状)①閉経後の女性に多い
           ②・脊髄圧迫骨折(尻もちをついた時)
            ・大腿骨頸部骨折(横転した時に)
            ・橈骨遠位端骨折(つまずいて手をついた時)

      (治療法)①ギプス固定
            ②人口関節置換術(大腿骨頸部骨折)

      住環境整備 ・・・転倒の防止が重要
                   ↓
                 段差の解消、手すりの設置


・特定疾病(15-5)閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症・・・動脈硬化によって、手足の主幹動脈、
              腹部大動脈の閉塞
                  ↓
               虚血症状
                  ↓
             痛み、しびれ、間欠性跛行の症状
           (症状)・皮膚に潰瘍ができ、壊死にいたることも
               ・40才以上の男性に多い
               ・指の冷感、しびれ、蒼白化など

         (治療法)・基本は禁煙
               ・薬用療法(血流の改善)
               ・運動療法
               ・手術療法(上記で改善が見られない時)

福祉住環境コーディネーターの資格を取るならココで決まり!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 ⇒ 生涯学習のユーキャン「福祉住環境コーディネーター」

 
福祉住環境コーディネーターの基礎知識 TOPへ 高齢者の心身の機能と特性 特定疾病1