加齢に伴う視覚機能障害、聴覚機能障害

スポンサードリンク

加齢に伴う視覚機能障害、聴覚機能障害

◆加齢に伴う視覚機能障害①

加齢に伴う視覚機能障害・・・老化によって視力低下
                  目の疾患
                   ↓
          1.視野の低下(健常視野上方60度下方70度
                          内方60度外方100度)
          2.視野障害
          3.グレアの過敏反応
               
            不快感を覚えるよな明るい光       
          4.色の識別
          5.暗順応への遅れ


◆加齢に伴う視覚機能障害②種類

加齢に伴う視覚機能障害
   種類
    ①老眼
    ②老人性白内障
    ③加齢黄斑変性症
    ④糖尿病網膜症
    ⑤緑内障


◆加齢に伴う視覚機能障害②種類-1

1.老眼

  老化が進むに伴い、水晶体の弾力性が衰退していくために
  調整力が弱くなり、近くが見にくくなる症状
             ↓

         老眼鏡で調整して使用


◆加齢に伴う視覚機能障害②種類-2

2.老人性白内障
  (症状)透明な水晶体が白く濁り、視力が低下し、羞明といった
       乱反射のようなまぶしさを感じるような症状。
                ↓
          初期・・グレアの過敏反応
               飛蚊症(まぶしくチカチカと虫が飛んでいる
                    ようにみえる)
                ↓
               中盲
     (治療法)

          ・水晶体を手術にて摘出し、眼内レンズの挿入
         ・眼鏡、コンタクトレンズの使用

◆加齢に伴う視覚機能障害②種類-3

3.加齢黄斑変性症
    網膜に中心部にある目の黄斑部に新生血管ができて
    網膜下、硝子体に出血を起こす状態。
            ↓
      (初期)線や物が歪んで見えたりする
            ↓
        視力の低下または失明のおそれも

   (治療法)網膜にできた新生血管のレーザー光で焼く。
         手術で除去
         放射線照射 

          *欧米では失明原因第1位


◆加齢に伴う視覚機能障害②種類-4

4.糖尿病網膜症
    ・血中の糖分が増えてしまい、血管がもろくなり、出血しやすく
     なる症状。
              ↓
            視力低下
            日本では失明原因の第1位
    ・コンストラストが低いものは見えにくい
  (治療法)
      内科、眼科で 定期的に受診する→糖尿病の管理
                ↓進行
           新生血管のレーザー光照射


◆加齢に伴う視覚機能障害②種類-5

5.緑内障

   目の周囲の圧力(眼圧)が上昇して、圧迫された視神経が
   萎縮する状態になる症状。
                ↓進行
          視力が低下し、視野の中心部しか見えない状態
          になり、暗い場所においてはかなり見えにくくなる

  (治療法)
     ・階段、段差のある場所・・足元への照明
     ・薬剤治療、レーザー治療、手術治療

      *緑内障は進行が早いので早期発見が大切。


◆加齢に伴う聴覚機能の障害

加齢に伴う聴覚機能の障害
  (種類)①伝導難聴・・内耳、外耳または両方の障害がある
       ②感音難聴・・内耳から脳までの部分の障害
       ③混合難聴・・伝音性障害、感音性障害が同時に
               起きてしまう症状
  (特徴)①聴力低下・・高い音→低い音が聞きにくくなる
       ②五音明瞭度の低下→言葉を聞き分ける能力低下
  (適切な環境)
        ①周りに雑音、騒音が少ない環境
        ②言葉は文節で区切りながら相手の顔みて
         ゆっくりはっきりと話す
        ③手振り、身振りをくわえて話す。
        ④大切な事はメモに書くようにする

福祉住環境コーディネーターの資格を取るならココで決まり!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 ⇒ 生涯学習のユーキャン「福祉住環境コーディネーター」

 
福祉住環境コーディネーターの基礎知識 TOPへ 高齢者の心身の機能と特性 加齢に伴う視覚機能障害、聴覚機能障害