介護保険制度における住宅改修の範囲3~6

スポンサードリンク

介護保険制度における住宅改修の範囲3~6

◆介護保険制度における住宅改修の範囲3

3-①浴室材の変更

    浴室材→ノンスリップテープやノンスリップマットの貼付け
           注意・・テープ、マットの端がつま先に引っ掛け
                ないように注意。
                水回りはカビなどが発生しやすいので
                清掃がしやすいように配慮。

    注意・・ノンスリップテープやノンスリップマットは介護保険
         制度では住宅改修、福祉用具貸与にも該当しない


3-②和室から洋室への変更

  和室に布団を敷く生活は身体的に負担が大きい
         ↓
  動作が楽なベットの生活に変更する
      注意・・畳をフローリング、ビニール系に変更
     (注意)工事仕様書、明細書→床仕上の変更工事と段差の
                        解消工事は別に作成
          介護保険対象と自費工事と分ける。


◆介護保険制度における住宅改修の範囲4

・引き戸への取替え

   ・扉全体の取替え・・・開き戸→引き戸
                 →折れ戸
                 →アコーディオンカーテン
   ・ ドアノブの変更
   ・ 戸車の設置
               ↓
           介護保険の住宅改修費の支給対象 
       注意・・動力部分の費用相当額は対象にならない

  ア)開き戸から引き戸に・・開閉に対しての身体に負担が少ない
  イ)開き戸から折れ戸に・・建具を引くスペースが少ないてよい
  ウ)アコーディオンカーテンに・・プライバシーを配慮して設置
  エ)ドアノブの変更・・丸ノブからレバー式把手に交換
                 →動作が簡単
               プッシュプル把手
                  →押し引きだけの動作で簡単
  オ)戸車・・・引き戸の開閉を容易にできる

◆介護保険制度における住宅改修の範囲5

・洋式便器等への便器の取替え

    必要性・・高齢者には身体的負担が多きく困難であるため
           ↓
     腰かけ型の洋式便器に交換

    (注意)介護保険の住宅改修対象外4点
     ア)和式便器にかぶせ、腰かけて使用する腰掛便器
        また、ポータブルトイレ
               ↓
            簡単に設置、撤去できるため
     イ)電動、スプリングによる立ち座りを補助する便器
                ↓(福祉用具の購入費支給に該当)
            簡単に設置、撤去できるため
     ウ)既に設置済みの洋式便器で暖房便座、洗浄機能付き
       便器への交換
     エ)水洗化、簡易水洗化の部分


◆介護保険制度における住宅改修の範囲6

・付帯して必要の住宅改修

  ア)手すりの取付け・・下地補強の為の工事で取り壊した壁の
                再仕上げ工事→クロス張り、壁紙張り
  イ)段差の解消・・床下下地工事→浴室の解消
             浴室床のかさ上げ工事→コンクリート
             洗い場の排水口のつくり直し
  ウ)引き戸への取替え・・壁や柱の改修工事
  エ)洋式便器等への取替え・・給排水設備工事や床材の変更
                      →便器取替えにあたって

福祉住環境コーディネーターの資格を取るならココで決まり!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 ⇒ 生涯学習のユーキャン「福祉住環境コーディネーター」

 
福祉住環境コーディネーターの基礎知識 TOPへ 福祉住環境整備の基本技術 介護保険制度における住宅改修の範囲3~6