介護保険制度における住宅改修の範囲1,2

スポンサードリンク

介護保険制度における住宅改修の範囲1,2

◆介護保険制度における住宅改修の範囲1

1-①手すりの取付け

   取付け位置・・壁下地補強を行なう→使用しやすい位置の変更
                         の時にでも広範囲で使用
          ・・間柱に手すり受け金具の使用はしない
                  ↓
             間柱程度では2本の木ネジしか利かないので
             十分に支持力が発揮できない


1-②手すり受け金属の設置

     ・どのような動作また姿勢の時に利用者が使うのか
      を考えて手すりの下地補強を堅固なのもにする

     ・受け金具の間隔をモジュール910mm(3尺)で
      ですると不適切な手すりの位置になる


1-③手すりの形状

     手すりの直径・・・階段、廊下→32~36mm
                トイレ、浴槽→28~32mm

            *慢性関節リウマチなど手指の巧緻性が
              低い場合は、握らずに手すりに手や肘
              をのせて移動する方法がとられることも
              ある。


1-④手すり端部

  ・手すり端部は壁側に曲げこむ、または下に曲げる
  ・エンドキャップを取り付ける方法→端部に体をぶつける
                        衣服の袖口をひっかける

      *利用者の安全の優先


1-⑤手すり(横手すり)
  ・手すり下部から受け金具で受ける
  ・横手すりの床からの高さ→対象者の大腿骨大転子にする
                          ↓
                     750mm~800mm程度
    手すり(縦手すり)
  ・縦手すりの下端→750mm~800mm程度
  ・縦手すりの上端→対象者の肩の高さより100mm程度上方

◆介護保険制度における住宅改修の範囲2

2-①段差の解消

   屋内外段差・・傾斜のゆるやかな階段、またはスロープで解消
             スロープ→地盤面や建築物に固定する
                    据置式の簡易型スロープは
                    住宅改修外となる
   和洋室の床段差・・「すりつけ板」を設置して段差の解消
                  ↑
                段差をなくすために高い部分と低い
                部分とをわたすくさび型の板


2-②段差の解消

   改修工事における和洋室の解消
     和室床高さ→洋室床高さに下げる
     洋室の高さ→和室床高さに上げる
              ↓
          建具枠、壁仕上げなど広範囲の
          改造の必要性


2-③段差の解消

   建具の敷居段差・・段差寸法3mm以下
               仕上がり寸法5mm以下

             引き戸の敷居→床面にV溝レールを埋め込む


2-④浴室の段差の解消

  ア)洗面、脱衣所と浴室に段差がある場合→コンクリートを
                             流しこむ
     注意・・浴室から湯水が流出しないようグリーチングの敷設

  イ)「すのこ」の使用・・ユニットバスの場合はグリーチングは困難
    *「すのこ」の場合は住宅改修ではなく福祉用具購入費支給
      注意・・定期的に日干し、洗浄の必要

福祉住環境コーディネーターの資格を取るならココで決まり!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 ⇒ 生涯学習のユーキャン「福祉住環境コーディネーター」

 
福祉住環境コーディネーターの基礎知識 TOPへ 福祉住環境整備の基本技術 介護保険制度における住宅改修の範囲1,2