介護保険制度対象外の住宅改修

スポンサードリンク

介護保険制度対象外の住宅改修

・介護保険制度対象外の住宅改修①

①段差解消機の設置

    → ⅰ)スロープでの昇り降りが急で困難な場合
      ⅱ)設置場所のスペースが十分にない場合

   段差解消機・・ⅰ)掃き出し窓の外に設置し室内と屋外と直接
              出入りをする。
            ⅱ)玄関土間部分に設け、上がりまち部分での
               昇り降り。

       注意・・防水型のものを選ぶ。


・介護保険制度対象外の住宅改修②

②スペースの確保
  ア)モジュールをずらす・・新築、大規模増改築に用いる
                   →尺貫法の影響でスペースの確保
                     が困難であるが、ずらすことで
                     解決する
  イ)壁、柱を取り外す・・部分的な増改築に用いる
                    →トイレ幅・・芯ー芯910mm
                    →内法寸法・・最大780mm

             図面を確認で撤去

・介護保険制度対象外の住宅改修③

③建具への配慮
  一般的な家具・・廊下、階段幅→芯ー芯910mm(3尺) 
            建具の幅→700~720mm

       実際に通行できる幅→700mm未満になるので
       実際の建具の寸法、通れる寸法を測る

  建具を取り外す・・取るときは生活上の支障、或いはプライバシー
              の確保を考慮する。また、建具の丁番を
             取り外す。

  福祉用具の使用・・介護用車いす、シャワー椅子の移乗
              →建具の有効開口幅750mm以上


・介護保険制度対象外の住宅改修④

④スイッチ、コンセント、照明、色彩の配慮
  スイッチ→設置高さ・・1,000~1,100mm
          *車椅子・・900~1,000mm
  コンセント→床から200mmから400mm
           *マグネットキャッチ式コンセントの使用
  照明→シェード付きの照明にする
           (光源が直接目に入らないように)
       長寿命の照明器具の選択(メンテナンス)
       場所応じた照明器具(階段、トイレ、廊下など)
  色彩→コントラストの高い配色(水晶体の混濁化が進む為)
  床の仕上げ→反射率の高い仕上げは使用しない。
                      (疲労の原因)

福祉住環境コーディネーターの資格を取るならココで決まり!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 ⇒ 生涯学習のユーキャン「福祉住環境コーディネーター」

 
福祉住環境コーディネーターの基礎知識 TOPへ 福祉住環境整備の基本技術 介護保険制度対象外の住宅改修