在宅介護の現状の問題点の対応、支援と居住環境

スポンサードリンク

在宅介護の現状の問題点の対応、支援と居住環境

◆在宅の現状の問題点の対応

①虚弱高齢者(部分介助が必要な場合)
   ア)加齢、心身の疾病によって、基本的な日常動作における
     ものについて、必ずしも介護を必要とはしないが、一人で
     行うには難しい高齢者
   イ)一人暮らしの女性の高齢者が多い

    対応法・・日常生活ADLなどの移動、入浴
          家事などの一部介助など
               ↓
          住環境整備が自立、安全を確保できる 


②寝たきり高齢者など

   ア)日常生活の中で一部介助を必要とする
   イ)日常生活(食事、排泄など)で全介助を必要とする
               ↓
      介護を必要とする高齢者の多様な状況を 
       把握し、それに応じた支援が必要。

     (対応法)
        ・日常生活である家事等々の家族介護者の負担を
         軽くする。
        ・福祉用具の活用による援助


③痴呆性高齢者

    痴呆疾患の為、生活において様々な支障をきたす行動
    及び、症状がある高齢者

 (対応法)・専門施設への通所介護
       ・短期入所
       ・家族介護者と支援の分担

◆在宅介護の4つの特徴

 ①生活の継続性・・長年渡って作られてきた各家庭の生活の習慣など生活様式の配慮
 ②家族間の人間関係・・介護するにあたっての意識、そして家族の間での人間関係
 ③個々での対応・・介護うける側の多様な介護のおける問題の対応(心身の状態、経済状態、住宅、福祉用具など)
 ④介護者する側の対応・・要介護者だけではなく、介護する家族のストレスを配慮することも必要                  

◆在宅介護における支援と居住環境

①在宅介護の提供上の基本的視点
 ア)豊かな人間観(高齢者本人の価値観を認める)
 イ)本人の価値観、これまでの生き方を受け入れ、本人の希望する
   生活自己実現を図る
 ウ)高齢者本人との信頼関係
 エ)自己支援と自己決定の尊重
    自己支援・・本人の考えを最大限尊重

②在宅介護における原則
  ア)各個人の生活習慣、価値観を尊重する
  イ)個人の生活の自立性拡大
  ウ)安全確保と予防的対策の優先
  エ)高齢者本人の自己決定を尊重
  オ)本人が生きていることの喜びを感じられる
  カ)社会での生活においての接触
  キ)常に観察し、早期における異常発見
  ク)他職種との連携においての支援

③介護と居住環境
   健康、住宅などの生活環境基盤の確保、整備
             ↓
   高齢者本人が希望している、在宅での生活の持続

福祉住環境コーディネーターの資格を取るならココで決まり!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 ⇒ 生涯学習のユーキャン「福祉住環境コーディネーター」

 
福祉住環境コーディネーターの基礎知識 TOPへ 高齢者介護のあり方 在宅介護の現状の問題点の対応、支援と居住環境